家作りのための情報

窯業系サイディングのデザインの選び方

外壁 サイディングの選び方

ひとことで言ってしまえば、好きな色を選ぶ!

しかし、いくら汚れにくい物を選んでも立地によっては汚れが目立つので注意。
ホワイト系の外壁は、藻が生えてきたら見た目かなり残念になる。

おそらく外壁を選ぶ段階に来ると、素材や色、デザインをあれこれ考える事でしょう。
一番のサンプルは、徒歩でも自転車でもいいので、気になる外壁の家を観察する事です。
そこらじゅうサンプルだらけです。
良い見本も悪い見本も両方見る事ができ、とても参考になります。

そして気付くでしょう。
ホワイトのサイディングだと汚れが目立つ事を。
そして、緑色に変色している所が、結構な割合で存在している事を。

更に観察すると、サイディングのデザインは表面がフラットなタイプよりも、細かい凹凸がたくさんある方が汚れが蓄積しやすいようだと。

サンプルだけではピンとこない

まず、どのメーカーのどれを使うか?
だいたい決まったら、デザインの傾向を把握する。

ウッド系・レンガ系・タイル系・ストーン系・パイル系おおまかにこんな分類になる。
表面のデザインの凹凸が多く、たくさんの細い溝が不規則に横に入っているタイプ。
これを使っている家で、日当たりが悪い箇所、立地的に風通しが良くない土地だと緑の藻が2年目から目立ち始めるのでよく周囲の家を観察してから決めよう。

メンテナンスのしやすさ、価格も考慮しながら決めましょう。

実に我が家は今サイディング選びで奔走中である。

失敗しないようにしなければ・・・。

プロに無料で相談する方法

家作りを考えている人は必見!無料で見積もりも相談にものってもらえる。我家もここからスタートしました。