【家作り】大後悔!オプションの正解とは?契約前後でこんなに違う!

注文住宅のオプション つけてよかったもの大公開

ローコスト注文住宅の場合、予算に合わせて何かを足したり削ったりして価格調整をしていきます。

予算に余裕のある場合は悩みませんが、予算ありきだと外構をカットしたり、グレードを下げたりせざるを得ません。

別途請求されるかもしれない「地盤改良費」やライフラインに関わる追加工事などを考えると、予備費としてそこそこの額の準備も必要です。

そう考えると後付けした方がいいものも存在します。

大失敗!本契約後のオプション追加は高くつく

家作りブログ オプション費用は契約前と後では見積もりが変わる
本契約後のオプション追加は、契約前の見積もりより高くなることが多い。
ご存じでしたか?
私はこれで失敗しました。

注文住宅計画で食洗機は必須と思っていました。
しかし、見積もりをとってみると何か高い気がするため、保留にしたまま本契約をしました。

最後まで悩んでいたのは、希望の食洗機が選べないかもしれないことです。

食洗機の後付けも考えたのですが、最初につけておかないと、後で工事が必要になります。
食洗機をナメていました。
専用の電源を確保することや、給排水工事を追加ですることになりせっかくの新築なのに穴あけが必要になることも。

オプション費用は契約前で価格を確認しておいても、本契約後に追加すると高い見積もりを出されることが多いようです。

驚きでした。
いろいろ情報収集しながら家作りを進めてきましたが、これには気が付きませんでした。
数万円の差額でしたが、ものすごく損した気分になりました。

どの食洗機を選択できるのかという詳細が不明だったため、希望してないタイプの食洗機だったら後悔するだろうなと想像つきますよね。

そんなわけで、本契約後のオプションで食洗機をつけることになったのですが、パナソニックの食洗機という希望は通りました。

施主支給も提案しましたが、難色を示されたのでオプションとなったわけです。
(置くだけの食洗機もありますが、ビルドインの方が性能はいいですよね)

さいごに

家作り中のみなさんは仮契約や本契約前に、オプションを追加してくださいね。
決め兼ねるときは、担当者さんと話し合って、いい方向に着地できるようにしておきましょう。

家作りを決断して最初にすることは、資料請求ですね。
どんな会社なのか、どんなプランがあるのか、希望の価格で家が建つのだろうか・・・
悩んでいても始まりません。まずは資料請求!と思って申し込みました。

資料請求のポイント

営業の電話がかかってくるのは抵抗があったので「連絡が必要な時はメールを希望します」と記載しました。
これだけでも、電話が苦手な私にとっては気が楽になりました。

資料の一括請求は楽ちんでしたよ。