ウッドショックだけじゃない

住宅関連だけでなく、衣食住他全てにおいて品不足。

家作り中の皆さんが気になっている「ウッドショック」ですが、住宅設備においても品不足が起きています。

キッチンの給湯器が製造できなくて納品できないとか、トイレの品薄も起きています。

どうして不足しているの?

日本の場合は、海外の工場で製造して、日本で組立設置という工程で回しています。
しかし新型コロナ感染拡大の影響で、工場が閉鎖になり部品が調達できない事態が起きています。
製造されたとしても、輸入する際のコンテナ不足で流通が滞っています。
ウッドショックと同じですね。
輸入に頼っているので、品物が入ってこなければ製造も納品もできません。
基盤の素材であるレアメタルの不足も影響しています。
生産工場が海外にある事で、コスト削減が実現できていますが、輸入が困難な状況になると影響は生活全般に及びます。

つい先日もワインショックがあったり、輸入に頼る部分があると影響が大きいですね。
かといって、国内で全てを回すのも地震が多い日本では懸念材料も多くあります。

住宅完成が遅延傾向

建築途中で中断されている現場が先日ようやく再開されました。
よく通る道沿いで異常な期間放置されている現場がありました。
勝手な想像ですが、ウッドショックの影響を受けたのかななんて思っていました。
上棟後に中断している現場もウッドショックの最中にたまに見かけました。
理由はいろいろかと思いますが、何かしらの影響を受けているのかなと思わざるを得ません。

時間がかかっても、いずれは完成するのでしょうが今後の計画が狂ってきますね。

ウッドショックでうちもショック。
みんなショックですね。

ん?て事は・・・
ウォシュレットのないトイレでしばらく過ごす事になるのかな・・・