失敗しない間取り:対面型キッチンの背面スペースは? - なるほどっとこむ

対面型キッチンの背面スペースはどれくらいが最適?

ローコスト住宅で家作り

今回はこれやって正解だった!という提案をしたいと思います。

対面型キッチンの背面スペースはどれくらい取るべきか?

注文住宅で対面型キッチンを設置する場合、キッチンに立った時の背面スペースを少し広めに取ることをお勧めします。

一般的には90~95cm程度のスペースが確保されますが、最低でも100cm以上確保することで、以下のメリットが得られます。

対面型キッチンの背面スペースを広く取るメリット

  •  家事動線のスムーズ化

冷蔵庫や食器棚の扉を開け閉めしても、後ろを通る人がぶつかりにくくなります。
複数人で料理をする際も、スムーズに動き回ることができます。
食材や食器の出し入れが楽になり、家事効率がアップします。

  • 開放感のある空間作り

背面にゆとりができることで、キッチン全体が広く開放的に感じられます。
窓を配置すれば、採光と通風を良くすることができます。
リビングとの繋がりを感じられる空間になります。

  • 収納スペースの充実

背面にカウンターや収納棚を設置するスペースが広くなります。
家電製品や調味料などをすっきり収納することができます。
キッチン周りの整理整頓がしやすくなります。

  • 作業スペースの拡張

背面にワークスペースを設けることで、料理や家事の幅が広がります。
子供の勉強スペースやパソコンスペースとしても活用できます。
家事と育児を両立しやすい空間になります。

  • 安全性の向上

背面に余裕があれば、後ろに人がいても安心して料理ができます。
小さなお子様がいても、火傷などの事故を防ぎやすくなります。
ペットがいるご家庭でも、安全に過ごせます。

100cm以上のスペースがあれば、これらのメリットをより実感することができます。
もちろん、ご家族のライフスタイルやキッチンの使い方に合わせて、最適なスペースを検討することが大切です。

参考例

冷蔵庫の扉を開けたら、後ろを通れるだけのスペースを確保したい。
食器棚の扉を開けた時、後ろの人がぶつからないようにしたい。
キッチンで複数人で作業することが多いので、広めにスペースを取りたい。
将来的に、背面にカウンターや収納棚を設置したい。

注文住宅は、自分たちの理想を形にすることができる貴重な機会です。
キッチンは毎日使う場所なので、使い勝手や快適性を重視して、後悔のない間取りを計画しましょう。