コロナ死滅?イソジンうがい薬・ポビドンヨード

投稿者: | 2020

ポピドンヨード 新型コロナウィルスの感染防止に期待!?

2020年8月4日 情報番組「ミヤネ屋」で、大阪府の吉村知事と大阪市の松井一郎知事が医療機関とともに記者会見を開いた放送を見た。

ポビドンヨード配合のうがい薬が新型コロナウイルスの感染対策に効果が認められる

コロナ軽症者にうがいを実施したところ陽性頻度の低下が確認された

こんな発表がされた。

どんな内容だった?

大阪府の宿泊療養施設の療養患者41人を対象に実施。

1日4回「ポビドンヨード」によるうがいを実施した。
すると、ウイルス陽性率の低下が認められたという。

4日間で

  • うがいを実施していない人の陽性率は40%までしか低下していないのに対し
  • うがいを実施した人の陽性率は9.5%まで低下したという

ポビドンヨード配合のうがい薬として知られる「イソジンうがい薬」「明治 うがい薬」など、冬近くなるとドラッグストアの店頭にてんこ盛りに陳列される。

これは第3類医薬品で、通販での取り扱いが認められている。

薬局で買い占めされたり、長蛇の列もできている店舗もあるらしい・・・
ネット通販でも売切れが続出して、入手困難な状況。

高値で販売されてしまうのかな・・・

薬事法違反で捕まります

医薬品なので、個人が売買できるものではありません。
オークションやフリマなどに出品すると違法になるのでご注意を!

重要事項!これは感染を防ぐのもではない!

大阪府と大阪市の会見では、軽症者の陽性率の低下への効果や、他者への感染拡大の抑制に効果がある可能性について説明がなされたが、感染自体を防ぐという内容ではなかった。

口の中のウィルスの数は減少するかもしれない。
その結果、無症状感染者がマスクを着けていても人に移す確率は減るかもしれない。

しかし、常用することでPCR検査を受けた際、陽性の人が陰性と出てしまう事もある。

「陽性の頻度が低下」というのは、うがい薬が効いていることもあるかもしれないが、濃厚接触者をたどった検査で陰性が出てしまうことにもなる。

PCR検査の際はポピドンヨードのうがい薬を常用している旨のチェックも必要だと思いますが・・・

どうなのでしょう・・・