土地相続の登記義務化 罰則もありに!登記するなら改正後だ

投稿者: | 2019

所有者不明の土地対策

所有者不明の土地対策で、相続登記が義務化される。

法制審は2020年秋に臨時国会に法案を提出したい考えとの事。

今までは義務化されてなかった為、所有者不明の土地が増えている。

土地の所有者が死亡すると自動的に相続が発生するが、登記が義務ではないことから、所有者不明の土地が全国的に増えている。このため、登記を義務付けるとともに、義務を知りながら一定期間放置していた場合に過料を科す。

登記の障害となっていた煩雑な手続きも簡素化。相続人のうち1人でも登記すれば義務を果たしたと認め、必要書類を最小限にとどめる。費用も軽減する。

必要書類を最小限にし、相続人のうち1人でも登記すればOK、費用も軽減。
さらに、放置による罰金となれば登記する者も増えるだろう。

ハードルが低いのはいい

当方も共同名義の土地があり、相続の登記をしなければならない。
だが現状、相続税については義務も罰則もあるが登記については義務も罰則もない。

相続による登記であれば、多少面倒だが個人でも可能だ。
ただ、ちょっとした面倒が億劫で放置したままになっている。
それに、個人で作成しても費用はかかる。

もし、費用も手続きも簡素化されれば登記してしまった方が、スッキリする。

義務化という重責はあるが、法的手続きは面倒なのでこういった場合の手続きはなるべく簡素であって欲しいものだ。